ミラドライの効果について

新しいわきが・多汗症治療法として注目を浴びているミラドライの効果の有効性について調べています。
効果のあり・なし、成功例・失敗例問わず情報を収集し可能な限り客観的な内容に努めて公開しています。

ミラドライの効果はどれほどの実力か?

ミラドライは「切らずに治す」をコンセプトにした新しいワキガ・多汗症治療法です。 切ることなく、わきが・多汗症が治るのであれば悩んでいる人にとってこれほど嬉しいことはありませんが はたしてミラドライの効果の真の実力はどれほどのものなのでしょうか。

一言で言うとミラドライはマイクロウェーブによって熱を発生させ汗腺を破壊することでわきが・多汗症を治す効果をもちます。より詳しくはミラドライって何?をご覧ください。

大元であろう米国のミラドライサイトでの臨床データにおいて数百人以上の実施に対し、汗は82%減少したとする平均値を発表しています。また、別の研究結果においてはミラドライ治療と別の治療プログラムとの比較においてミラドライの治療を受けた患者の89%は良好な反応を見せたのに対し別の治療プログラムで効果があったとしたのは54%という反応だったという記事もみられました。

確かに数値なんてどうにでもいじれそうなものですが、医療の話ですし、ましてやアメリカで偽装工作をしてバレでもしたらら訴訟・訴訟の嵐でとんでもないことになりそうですから短期の金儲けのためにできそうなことでもないし、長期視野ならなおさら信憑性のある情報を提供していかなければならないのでこの数値においては私は一定の信頼感は置けると判断しています。

印象的な面としてもわきには22000~30000の汗腺があるとのことですから目視による従来の外科的除去より、ミラドライのほうが満遍なく熱がいきわたって汗腺の機能を無くしてくれそうな効果を私的には感じたのですが皆さん的にはどうでしょうか?

- 現時点でのまとめ
ミラドライの効果は数百以上の臨床において平均82%の汗減少があり
現時点でミラドライの効果は他の治療法と比べてみても勝負できる土俵にいることは確か。

多汗症治療であってわきが治療でない?

高確率で効果が見込めそうな印象はあるわけですが 英語の記事を見ていて気になったのが「汗」の改善はよく目にするものの「臭い」についてはあまり言及がなかったことです。ある掲示板でもその点の指摘を見ましたが実際のところはどうなのでしょうか。

現状、推察でしかないのですがアメリカには「わきが」の適当な英単語がないのでは?と。翻訳では「underarm odor」「body odor」とかでるには出るんですが、脇の下だったり体臭だったりなんかピッタリな訳の気がしません。

まして臭いにおいては個人差の解釈も大きくあるうえ、元々西洋の人は我々よりも体臭が強いといわれてますのでわざわざ脇に絞った解釈がないのかもしれません。実際「underarm odor」では英語のウィキペディアにはなく「body odor」体臭としての項目しかありませんでした。対して多汗症はちゃんと個別項目としてありました。

一般的に汗はエクリン腺、臭いはアポクリン腺という汗腺が要因とされていますが公式ページの図・動画を見る限りアポクリン腺の描写もされているためアポクリン腺も治療されそうですし、導入クリニックの一つであるペルラクリニックのミラドライのページでは「この2種類の汗腺を同時に治療することが可能です。」と明記もされています。

ただしエクリン腺は1平方cmに100個以上存在し、一つ一つ肉眼で視認するのは難しいのに対しアポクリン腺はこれまでの外科式治療で目視で除去してきたように大きさが異なるためエクリン腺とアポクリン腺ではダメージの伝わり方が違うのではないかということはありえそうです。「ミラドライわきが多汗症の医師団」では「2度目までで90%以上の方が十分な効果~」といった見方もあり、ミラドライの十分な効果を重視する場合には2回目の治療というのも場合によっては視野に入れる必要がありそうです。

とはいえ、ミラドライ治療はけして気軽に出来る金額でもないため初回満足できなかったから2回目もほいほいというわけにも行かない人は多いと思うんですが、最近では2回目の保証がついた料金プランも各クリニックで用意され始めていてマリアクリニックというところは初期のほうからこの料金プランを導入していたことも確認しており、他が追随してきたという印象もあるため「総合わきが・多汗症治療」を掲げていることもあるため問い合わせ候補一つにしてよさそうです。

正規の所でのミラドライ効果についての気になったことのスクラップ

ここでは正規のところがミラドライの効果について言及した内容をスクラップ的に収録しています。正規とは開発元であったり導入している病院・クリニックなど所在がハッキリしているという意味で使用しています。

参考サイト:ミラドライわきが多汗症の医師団 Q&A回答形式での一文
Q:ミラドライで全く効果がないということはありますか?

A:アメリカ、日本での臨床結果を見る限り、多汗に対して全く効果が出ないと言うケースはありません。 臭いと言うことに関しては、感覚的なものになりますので、十分に満足されないケースもあるようです。

汗への効果はゼロでないとの解釈が出来ますね。実際多くのクリニックでモニターの施術前、経過ごとの汗の反応テストの画像があり、改善傾向がみられているのはよく見られます。臭いについては主観ということもありハッキリ言えないようです。臭い測定器なんかもあると思うんですが医学分野では信頼性ないんでしょうか?でも参考目安として導入すればアピール要素の一つになると思うんですが。全国の導入クリニックには検討してほしいところです。

少なくとも汗腺を物理的に破壊できる自信はあるようですから多汗症の人はやはり切らないことが魅力なら現状の判断では検討の筆頭候補にしてみてよさそうです。ボトックスは一時的ですし、交感神経切除とかはワキへの効果が期待薄でリスクも大きいらしいので、切らない以前に脇の多汗症の長期効果が望めること自体が実は画期的であり、何気に
多汗症治療においてはミラドライは筆頭候補にして良いレベルといえます。


参考リンク
miradry.com/(英語)
WSJ.com(英語)
ミラドライわきが多汗症の医師団(旧ミラドライわきが多汗症治療センター)
マリアクリニックわきが治療外来

ミラドライの効果について言及している外部ページ
ミラドライで全く効果がないということはありますか?
ミラドライによるワキガ治療効果解説
ミラドライ(5):体験者による治療1年後の効果への評価

- 更新履歴

2013.6.21
ホーム:内容加筆

2012.11.2
ミラドライの効果に言及している外部リンクを追加

2012.10.2
ホーム:内容加筆

2012.9.24
ミラドライって何?:内容加筆

2012.9
ミラドライの効果についてサイト開設

(C) ミラドライの効果について